◆支援猫さんたち&TNRの近況報告です◆

とよなか猫のかぎしっぽへの温かいご支援、いつもありがとうございます。
calm店主です。

やっとこさ会計報告がまとまりましたが、保護・TNRチームの活動近況が滞り気味なので先にご報告します^^;
春の子猫さんのシーズンを前に、中猫さんや大人猫さんの保護がボチボチありました。

***********************************

【猫の保護チーム】
◆支援卒業猫さん:56匹
◆支援中猫さん:5匹
*ポッキー(お見合い決定・日程調整中)
*おたべ(トライアル開始待機中)
*ニンジャ(里親様募集中)
*ハニー(里親様募集中)
*シュシュ(里親様募集準備中)

実はきちんとご報告する間もなく、超短期間かぎしっぽの支援猫さんだった3にゃんおります。

*飼い主さん逝去のため緊急保護のモンプチ君。
1487905418647[1]
募集サイトで掲載開始とほぼ同時にオファーを頂き、即トライアル開始!!
メンバーHさん宅でお世話頂き、かぎしっぽでは1週間ほどの支援でしたが、昨日晴れて正式譲渡となりました!!
飼い主さんのご逝去後、引き取り手が無く1ヶ月半の間の外暮らし。。。
つらい過去はありましたが、とても素敵な里親様に出会いました。
新たな猫生はきっと幸せなものであると確信しています(*´ω`*)

モンプチ君、元気で長生きするんだよー( ;∀;)
1488773192443[1]



*多頭崩壊寸前レスキューのトトロ&キティ
DSC_4425[1]  DSC_4550[1]
募集サイトよりオファーを頂き、おばあちゃん宅より移動、お見合いしました。
ふたりともトライアル開始しています。
こちらもかぎしっぽでの支援は、トトロが3日程、キティは10日間ほどでした。
3にゃんそれぞれが新しい猫生をスタートさせるべく、トライアル頑張り中です!!


そして、モンプチ君のお世話をしていたメンバーHさん、息つく間もなく新たな猫さんを保護しました。
子猫の時からお家で暮らしていたのですが、そのお家では諸事情ありずっとの家族として暮らすことは出来ませんでした。
巡り巡ってメンバーHさんのところにやってきた生後6ヶ月程のお嬢様です^^
先日、無事に避妊手術を終え、ウイルス検査クリア、ワクチンできました!!
ふっといモミアゲ(笑)がチャームポイントの三毛猫『シュシュ』です♪
1488772771373[1]  1488772787962[1]
里親様募集については少々お待ちくださいませ(ΦωΦ)

多頭崩壊寸前のおばあちゃん宅からは、また2~3にゃんを移動予定です。
お見合いご希望も頂いているので、移動後健康面のケアをして、ご縁繋ぎとなります。

『とよなか猫のかぎしっぽ』へリニューアル後、子猫さんに限らず緊急且つ必要と判断した場合は大人猫さんの保護もあります。
子猫さんほど医療費や保護費用は掛かりませんが、今後も大人猫さんの応援をしていきたいと思いますので、皆さまの温かい応援をどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

***********************************

【不妊手術チーム】
◆TNR総数:約180匹
◆2017年2月のTNR頭数:7匹(内1匹は耳カットのみ)

*豊中市内T地区(♀3・♂2)
DSC_4482[1] DSC_4481[1]

DSC_4478[1] DSC_4488[1]

1488348250515[1]


*豊中市内N地区(♀1・♂1)
DSC_4464[1] DSC_4465[1]

いよいよ3月に突入しました。
昨年は3月8日、みつばちズという生後間もない5匹赤にゃんの保護がスタートでした。
店主は思うのですが、子猫さんの保護など、本当はない方が良いです。
外の世界に生まれ、あっという間に亡くなる小さな命、過酷な猫生を歩まざるを得ない命、そんなしんどい環境の猫さんたちが少しでも減るように、日々私たちはTNRを頑張っています。
しかし、完全ゼロにはできません。
今もどこかで生まれている小さな命にもし出会ってしまったら、どうかご自身が出来ることで繋げてください。
私たちも可能な限りご協力します。

全ては猫さんのため!!
メンバー一同頑張りますーヽ( `▽´)ノ

とよなか猫のかぎしっぽは、ボランティアを募集しています。

皆様

いつもお世話になっております。
しっぽおばさんです。

とよなか猫のかぎしっぽは、厳しい環境で暮らす野良猫を減らすため猫のTNR(捕獲して、不妊手術を受けさせ、元の場所に戻す)や、家猫になれそうな猫を保護し里親さんを探す活動、不適切な飼育をなくすための情報の普及などを行なっています。

現在は7人ぐらいのメンバー、協力者のほか、同じ趣旨で活動されている他団体と協力してこのような活動を進めていますが、それぞれ仕事や、家族の介護等で忙しく、動ける時間や、割ける労力にも限界があります。
より多くの人が関わってくだされば、さらに多くの猫を保護し、また野良猫さんに不妊手術を受けさることができるでしょう。

あまり時間がない、経験がない方も、大切なのは猫をなんとかしたいという気持ちです。
かわいそうな境遇の猫を見ても、家では飼うことはできない、一人では助けるのは難しい、だから後ろ髪引かれる思いで見なかったことにする、という方も多いのではないでしょうか。
実はしっぽおばさん自身もそうでした。
しかし今では一緒に活動する人がいるので、以前よりもずっといろいろなことができるようになりました。

猫の手のような小さな力も集まれば、意外に大きな力になります。
何かできることがあるかも、と思われた方はぜひご連絡ください。
現在、具体的には以下のようなことができる方を探しています。
費用は、TNR依頼者さんや里親さんからのご負担金、皆様方のご寄付でまかなっております。
いずれもボランティアしてくださる方の持ち出しはありません。


1、運転ボランティア
運転のできる方、特に車をお持ちで、運転のできる方。

捕獲の際の機材や猫の搬送、捕獲した猫に不妊手術を受けさせる際の病院への搬送、保護猫の通院、里親さん宅までのお届けなどの際に車を出してくださる方を探しています。
現在活動しているメンバーには運転のできる人が少ないため、困ることがしばしばあります。
小さなグループですので、専用の車があるわけではありません。
車を持っておられて、運転ができる方があれば大変助かります。
運転のみできる方も、関係者の車を使っていただける時もあります。
主な移動範囲は、豊中市内、池田市、茨木市、大阪市都島区です。



2、捕獲ボランティア
主に豊中市内の野良猫の捕獲に参加していただける方。

野良猫を捕獲し、不妊手術を受けさせ、元の場所に戻すTNRと言われる方法は、厳しい環境で暮らす猫や保健所に持ち込まれる猫を減らす、最も効果的で人道的な方法として、日本国内でも世界各地でも取り組まれています。

のら猫さんの不妊手術推進されている「どうぶつ基金」によると、「どうぶつ基金のさくらねこ無料不妊手術累計は約35000頭におよびます。環境省から公表された2015年度犬猫の殺処分数は約8万頭。前年度から2万頭の減少です。このまま2万頭ずつ減少していけば、2019年度にはゼロになります。」
私たちもどうぶつ基金のさくら猫無料不妊手術などを活用しながら、現在主に豊中市内の野良猫が多い地域で、地域住民の方と協力してTNR活動をしています。
私たちと一緒に捕獲の活動をしてくださる方を募集します。
猫が行動する時間に合わせ、夕方以降の活動が多くなりますので、そのような時間帯に活動ができる方は大歓迎です。
場所によっては日中に捕獲することもあります。
1回あたり数時間、月に数回捕獲をしていますが、ご都合のつくときにご参加頂ければ結構です。
先々は市内各地でTNRができる方を増やしていきたいと思っています。
DSC_2885[1] DSC_3500[1]



3、預かりボランティア
保護猫を里親さんに託すまでの間預かってくださる方。

この期間中猫は健康状態を整え、検便やウィルス検査をする必要があります。
怖がりの猫の場合、人間と一緒に生活できるよう、しばらく人馴れ修行が必要になることもあります。
保護場所はありませんので、ご自宅で預かって頂きます。
子猫が中心ですが、成猫も保護することがあります。
春からは乳飲み子が増えますので、そのお世話をして頂ける方(ミルクボランティア)がいらっしゃれば大変助かります。
必要な場合には、ご自分で獣医に連れて行って頂ける方なら、一層ありがたいです
子猫は体調が不安定になることも多いため、経験のある方、お留守時間の短い方にお願いいたします。
猫を預かっていただく場合は、これまで猫を飼われたことがあるかどうか、お住まいの環境などについて少々お尋ねいたしますので、ご承知ください。 
ご年配の方や、様々な事情で、長期的に猫を飼うのはむつかしいが、数カ月程度の預かりなら可能というような方も歓迎です。
DSC_1805[1]  DSC_0709[1]



4、その他
デザインが得意なのでチラシなど作ってあげましょうか、資金集めのためのリサイクルバザーやりましょか、エクセル使えますよ、などなど、何でもあなたの才能を生かしてご協力いただければ嬉しいです。


ちょっと猫の手貸しましょうか、と思ってくださった方は、 右のメールフォームからご連絡くださるか、定期的に開催している猫の譲渡会会場にお越しください
メンバーが活動内容などについてご説明いたします。
3月の譲渡会は、3月5日と19日(日曜日)午前9時から12時、猫Cafe Calmです。

野良猫さんからお家猫さんへ『茶太郎物語』

まだまだ寒い日が続きますが、外の猫さん界では、もう恋の季節が始まっております。
そして3月には子猫さんの季節に突入します。。。
保護のご相談が増える時期でもあります。
そのすべてをお受けするのは不可能です。
どこで線引きするのか…いつも葛藤です。。。

もし、ご自身が猫を保護したら。
その子を助けたいと思ったら。
ご自身はどこまでその猫さんに関われるのかを少しお考え頂きながら、お読み頂けたら嬉しいです。

先日の記事の中で出てきた目の不自由そうなガリガリの子猫さん。
その後のお話しです。

大阪某所のTNR現場。
ガリガリに痩せ、ふらふらと彷徨い、目が見えていないような子猫をMさんが見つけました。
保護しなければいずれ亡くなってしまうだろうと。。。
しかしMさんはご家庭の事情で、保護はできません。
それでも何とかこの子を救いたいと、かぎしっぽメンバーのHさんに相談。
医療費については彼女が全額負担、無事回復した後の里親さん探しも何としても自分が頑張るという強い思いを持っていました。
かぎしっぽメンバーのHさん、「よっしゃ!!」と一時保護をしてくれました。

酷い猫風邪をひいており、栄養状態も悪く、やはり放っておけば生きていくのは困難だったでしょう。
Hさんの長年のボラ経験と手厚い看護で、みるみる元気になっていきました。
心配していた目も瞼の浮腫があっただけで、眼球は無事、しっかり見えていることがわかりました。
何より懐こい甘ったれの性格だったこの子は、きっとお家が見つかると思いました。


Mさん命名で『茶太郎』と名付けられました。
保護間もない茶太郎、ガリガリです。
IMG_20161213_165654[1]


約1ヶ月半程のケージ生活、茶太郎は頑張りました!!
IMG_20161213_165722[1]


ふっくら!!
IMG_20161213_165633[1]


半長毛のイケにゃんです!!
DSC_3458[1]  DSC_3444[1]


里親探しのためのウイルス検査も受け、エイズ、白血病共に陰性、検便も問題なし、去勢手術もきちんと受けました。
そしてなんとMさんは約束通り、茶太郎の新しい家族を見つけ出しました!!
素晴らしい!!
医療費も保護猫に協力的な獣医師のおかげで抑えることができ、Mさんが全額負担されましたが、ご自分が一緒に暮らしてあげられない分、精一杯の誠意を持って保護に協力してくれました。


茶太郎は今、幸せいっぱいな猫生を過ごしています。
大家族の皆さんのアイドルだそうです^^
あの時、Mさんに見つけてもらえて、必ず幸せにすると決めた彼女の強い思いがあって、茶太郎の今の幸せがあります。
本当に良かったです。

今回はご相談者が医療費ご負担というご協力を頂きました。
私たちは時間とお世話と保護スペースを提供しました。
文章にすると簡単なことに思えますが、みんな仕事や家族の介護や色々な状況があって、その合間の保護活動です。
保護に掛かるお金については、シビアな話ですが重要です。
外で暮らす猫さんは大体健康状態が悪く、そのケアのためにはまず医療費が必要になります。
ご相談の中で、保護費の一部ご負担を頂けないかとお話すると「お金がかかるならいい」とそれきりになってしまうことが多いです。
話だけ聞いた私たちは「あの子はどうなったのだろう」と気になり続けますが、居場所さえ分からない場合はどうしようもなく。。。
相談をされた方自身も後味悪いはずなのですが。。。

ご自身が保護出来るのならそれが一番です。
初めての保護で不安なことがあればはご相談に乗ります。
里親さん探しのお手伝いなどもご相談ください。

茶太郎のように、1にゃんでも多く、幸せな猫さんが増えることを切に願いながらの保護活動です。
私たちの活動に共感頂き、温かいご寄付を下さる皆さまに支えられての活動でもあります。
猫さんを保護された方も、少しお気持ちをお寄せいただけたら嬉しいです。

出会った猫さんのために、できることを一緒に頑張りましょう!!

リッキー、突然の旅立ちでした。

calm店主です。

先日、ブログに登場したばかりの半身不随のリッキーですが、本日早朝、虹の橋を渡りました。

ここ2~3日、食欲が落ちていました。
元々食欲に波があったので私も油断をしてしまいました。
昨日昼頃から発作のようなものを繰り返し、ほとんど動けなくなり、意識もはっきりしない状態が続きました。
さよならが近いと感じました。

リッキーにとって、病院は何よりのストレスであることはわかっていたので、このまま静かにそっとしておくことを選びました。
時々意識が戻るのか、無理して頭を上げ、様子を見る私に声にならない「シャー」。
もうそっとしておくことしかできませんでした。
ぬくぬく温かく、静かに、ゆっくり休ませようと思いました。

まだ暗い朝方でした。
穏やかな顔でした。

私たちと出会う前、リッキーの半身不随を起こした原因は何か知る由もありませんが、やはり野良猫さんの暮らしは本当に過酷なのだと思います。
リッキーのような暮らしをしなければならない猫さんを1匹でも減らすために頑張ろうと改めて思いました。
身をもって教えてくれたリッキーに感謝です。
猫バカ店主に毎日何やかんやと話しかけられ、隙あらば触られて、鬱陶しかったろうな、と。
ごめんね、リッキー。

明日の朝、荼毘に付されます。
保護からちょうど2ヶ月でした。
リッキー、次はめちゃくちゃ幸せなお家の子に生まれ変わっておいでね。
応援してくださった皆さま、ありがとうございました。


最後はかっこいいリッキーで!!

シャー!!
DSC_3406[1]


キリッとな!!
DSC_3515[1]


リッキーと言えば“目力”です!!
DSC_3876[1]

リッキー、またどこかで会おうね。

下半身麻痺のリッキー、経過報告です。

またまたcalm店主ですm(__)m

以前、貯金箱のブログでもお知らせしていた、TNRの最中に突然現れた負傷猫リッキー。
現在も店主のもとで保護中です。
DSC_3926[1]


数回の通院で、先生と今後の治療についてじっくりお話をしました。
下半身の麻痺の回復は恐らく望めないこと。
高額な費用が掛かるMRIでの検査を受けることはできるが、原因をきっちり探れるかはやってみないことにはわからないこと。
仮にMRIを受け、原因がわかり、手術対応となれば更に高額な治療費が継続的に掛かること。

お恥ずかしい話、猫のかぎしっぽではなかなか厳しい金額の医療費になるということがわかりました。
手術などの治療を受け、多少の回復はあっても、普通の猫さんのように俊敏に動けるようにはならない可能性が高い。
それでももう少し動けるようになるなら…と思う半面、痛くてつらい手術となった時、リッキーにとってそれはどうなんか…と悩ましい面と。
先日の診察では腎臓の大きさが左右で違っていることがわかりました。
脱水も起こしやすい体質のようです。
麻痺だけでなく、様々な疾患を抱えているかもしれないリッキー。

リッキーはどうしてほしいんかな。。。
DSC_3643[1]

今のところ、後ろ足を引いたりすることは出来ますが、立つことはできません。
ほぼ横たわっています。
前足の力はしっかり入ります。
強烈なパンチを繰り出すほどです(笑)

排泄は常に垂れ流すわけではなく、きちんと1回量を寝たままですがしています。
食欲も波はありますが、朝晩食べています。
お水もしっかり飲んでいます。

この寒さなので、部屋は24時間暖房を入れ、寝床にはヒーター、おしっこシートもマメに変え、なるべくリッキーが快適に過ごせるようなお世話をしているつもりです。
リッキーからはもっと注文があるかもしれませんが。。。

先日、念のためにした血液検査で、リッキーは猫エイズキャリアであることがわかりました。
一時期、前足がグローブのように腫れ上がったり、食欲が全くなかったりしたことがありました。
エイズキャリア故の免疫力低下だったかもしれませんが、今はその症状も治まっています。
幸い白血病は陰性でした。

保護からもうすぐ2ヶ月になります。
その間、ずっと悩み続けてきましたが、リッキーの今後の治療について、メンバーで話し合った結果、しんどい検査や治療はしないことにしました。
ステロイドとビタミン剤、緩和効果のあるサプリで様子を見ていきます。

野良さんとしてずっと生きてきたと思われるリッキー。
保護当初から体力は若干回復したのか、威嚇の方も気合が入るようになってきました。
「触れる子かも」と思っていたのは弱っていたからで、店主の見立てが甘かった(^^;)
今も全く触れないわけではありませんが、時折頂くパンチが強烈です(笑)
DSC_3437[1]

本当は人のお世話になることすらストレスかもしれません。
そして度々の診察や、辛い治療は更にストレスを与えてしまう気がします。
これ以上のストレスを与えず、リッキーが少しでも機嫌よく過ごせるようなお世話をしていくことが今は最善ではないか、と。

リッキーはどう思っているかわかりませんが、あの夜突然現れたことは、何か縁あってのことと思えてなりません。
野良猫さんたちとのかかわりの中で、様々な状況の子に出会います。
どの子にも感じる不思議な縁です。

リッキーに掛かる医療費については、皆さまからのご寄付を大事に使わせて頂きます。
経過はまたご報告します。

目力男子リッキーへの応援をどうぞよろしくお願いいたします!!
DSC_3660[1]


calm店主

プロフィール

toyonakakagishippo

Author:toyonakakagishippo
とよなか猫のかぎしっぽ

主に豊中市において、TNR(野良猫さんの不妊手術を進める活動)と必要かつ可能な場合の猫の保護活動(場合によっては成猫も含む)を行っています。

※猫の引き取りについて

『とよなか猫のかぎしっぽ』では、猫の引き取りはしておりません。野良猫さんが増えないようにするための不妊手術を希望される方には、できる限りご協力しております. この活動グループのメンバーは、それぞれの仕事や家事、家族の介護などをしつつ、しばしば費用も個人の持ち出しで保護活動をしています。 「猫がいるけれど自分はお金も労力も提供できない、そちらで何とかしてくれ」というようなご相談はお受けできませんので、ご了解ください。

◆ご寄付の振込先【猫の保護チーム】 

ゆうちょ銀行 記号14090 番号32069721

◎子猫や人馴れしている成猫を保護し、里親様に託すまでにかかる検便・ウィルス検査・その他病気や怪我があった場合の医療費、保護期間中の食費などに使わせて頂きます。

◆ご寄付の振込先【不妊手術チーム】

ゆうちょ銀行 記号14020 番号43230331

◎野良猫さんを増やさないために、捕獲して不妊手術を受けさせるためにかかる費用に使わせて頂きます。

◆ご支援物資について

猫用フード、ミルクなどのご支援物資も頂ければ助かります。 また猫用ケージ、猫用爪研ぎ、小さめの猫タワー、猫トイレなど、使っていない猫用品がありましたらお譲りください。当会にて使わせて頂くか、猫用品リサイクルバザーで販売し、活動資金に充てさせて頂きます。 状態の良いものをお願いいたします。 以下までお届け、またはお送りください。 お送りくださる場合は、送料のご負担をお願いいたします。 お近くであれば取りに伺います。

◆猫cafe calm 〒561-0881 豊中市中桜塚2丁目31-35 プレアール中桜塚B102 TEL 06(6868)9337 毎週火曜・第1,3,5水曜定休日

◆猫のかぎしっぽへのメッセージはこちら↓

振込のご連絡やご支援のメッセージなどは下記メールフォームよりお願いいたします。 担当者より折り返しお返事いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR