下半身麻痺のリッキー、経過報告です。

またまたcalm店主ですm(__)m

以前、貯金箱のブログでもお知らせしていた、TNRの最中に突然現れた負傷猫リッキー。
現在も店主のもとで保護中です。
DSC_3926[1]


数回の通院で、先生と今後の治療についてじっくりお話をしました。
下半身の麻痺の回復は恐らく望めないこと。
高額な費用が掛かるMRIでの検査を受けることはできるが、原因をきっちり探れるかはやってみないことにはわからないこと。
仮にMRIを受け、原因がわかり、手術対応となれば更に高額な治療費が継続的に掛かること。

お恥ずかしい話、猫のかぎしっぽではなかなか厳しい金額の医療費になるということがわかりました。
手術などの治療を受け、多少の回復はあっても、普通の猫さんのように俊敏に動けるようにはならない可能性が高い。
それでももう少し動けるようになるなら…と思う半面、痛くてつらい手術となった時、リッキーにとってそれはどうなんか…と悩ましい面と。
先日の診察では腎臓の大きさが左右で違っていることがわかりました。
脱水も起こしやすい体質のようです。
麻痺だけでなく、様々な疾患を抱えているかもしれないリッキー。

リッキーはどうしてほしいんかな。。。
DSC_3643[1]

今のところ、後ろ足を引いたりすることは出来ますが、立つことはできません。
ほぼ横たわっています。
前足の力はしっかり入ります。
強烈なパンチを繰り出すほどです(笑)

排泄は常に垂れ流すわけではなく、きちんと1回量を寝たままですがしています。
食欲も波はありますが、朝晩食べています。
お水もしっかり飲んでいます。

この寒さなので、部屋は24時間暖房を入れ、寝床にはヒーター、おしっこシートもマメに変え、なるべくリッキーが快適に過ごせるようなお世話をしているつもりです。
リッキーからはもっと注文があるかもしれませんが。。。

先日、念のためにした血液検査で、リッキーは猫エイズキャリアであることがわかりました。
一時期、前足がグローブのように腫れ上がったり、食欲が全くなかったりしたことがありました。
エイズキャリア故の免疫力低下だったかもしれませんが、今はその症状も治まっています。
幸い白血病は陰性でした。

保護からもうすぐ2ヶ月になります。
その間、ずっと悩み続けてきましたが、リッキーの今後の治療について、メンバーで話し合った結果、しんどい検査や治療はしないことにしました。
ステロイドとビタミン剤、緩和効果のあるサプリで様子を見ていきます。

野良さんとしてずっと生きてきたと思われるリッキー。
保護当初から体力は若干回復したのか、威嚇の方も気合が入るようになってきました。
「触れる子かも」と思っていたのは弱っていたからで、店主の見立てが甘かった(^^;)
今も全く触れないわけではありませんが、時折頂くパンチが強烈です(笑)
DSC_3437[1]

本当は人のお世話になることすらストレスかもしれません。
そして度々の診察や、辛い治療は更にストレスを与えてしまう気がします。
これ以上のストレスを与えず、リッキーが少しでも機嫌よく過ごせるようなお世話をしていくことが今は最善ではないか、と。

リッキーはどう思っているかわかりませんが、あの夜突然現れたことは、何か縁あってのことと思えてなりません。
野良猫さんたちとのかかわりの中で、様々な状況の子に出会います。
どの子にも感じる不思議な縁です。

リッキーに掛かる医療費については、皆さまからのご寄付を大事に使わせて頂きます。
経過はまたご報告します。

目力男子リッキーへの応援をどうぞよろしくお願いいたします!!
DSC_3660[1]


calm店主
スポンサーサイト

コメント

コメントフォーム

  • URL:
  • 本文:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

toyonakakagishippo

Author:toyonakakagishippo
とよなか猫のかぎしっぽ

主に豊中市において、TNR(野良猫さんの不妊手術を進める活動)と必要かつ可能な場合の猫の保護活動(場合によっては成猫も含む)を行っています。

※猫の引き取りについて

『とよなか猫のかぎしっぽ』では、猫の引き取りはしておりません。野良猫さんが増えないようにするための不妊手術を希望される方には、できる限りご協力しております. この活動グループのメンバーは、それぞれの仕事や家事、家族の介護などをしつつ、しばしば費用も個人の持ち出しで保護活動をしています。 「猫がいるけれど自分はお金も労力も提供できない、そちらで何とかしてくれ」というようなご相談はお受けできませんので、ご了解ください。

◆ご寄付の振込先【猫の保護チーム】 

ゆうちょ銀行 記号14090 番号32069721

◎子猫や人馴れしている成猫を保護し、里親様に託すまでにかかる検便・ウィルス検査・その他病気や怪我があった場合の医療費、保護期間中の食費などに使わせて頂きます。

◆ご寄付の振込先【不妊手術チーム】

ゆうちょ銀行 記号14020 番号43230331

◎野良猫さんを増やさないために、捕獲して不妊手術を受けさせるためにかかる費用に使わせて頂きます。

◆ご支援物資について

猫用フード、ミルクなどのご支援物資も頂ければ助かります。 また猫用ケージ、猫用爪研ぎ、小さめの猫タワー、猫トイレなど、使っていない猫用品がありましたらお譲りください。当会にて使わせて頂くか、猫用品リサイクルバザーで販売し、活動資金に充てさせて頂きます。 状態の良いものをお願いいたします。 以下までお届け、またはお送りください。 お送りくださる場合は、送料のご負担をお願いいたします。 お近くであれば取りに伺います。

◆猫cafe calm 〒561-0881 豊中市中桜塚2丁目31-35 プレアール中桜塚B102 TEL 06(6868)9337 毎週火曜・第1,3,5水曜定休日

◆猫のかぎしっぽへのメッセージはこちら↓

振込のご連絡やご支援のメッセージなどは下記メールフォームよりお願いいたします。 担当者より折り返しお返事いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR